まちづくり委員会

2022年度スローガン

持続可能な明るい未来へ!
地域と人々を繋ぐ架け橋に!

基本方針

我々の活動エリアは地域資源や自然の魅力が溢れる地域ですが、人々のまちの魅力に対する認識や持続可能な社会の実現への地域協働の意識も十分とは言えません。我々には地域資源を活かした事業展開を基に幅広い魅力の周知や地域の課題解決を見据えた運動の伝播が求められるとともに、課題解決へ向け人々の意識変革を促す必要があります。当委員会は地域を巻き込む当事者として人々の共感を得られる運動への取り組みが求められます。

まずは、我々が地域に大きなインパクトを与える運動を展開していくために、活動エリアの多様な主体とSDGsの推進を図るとともに、人々に持続的なまちづくりに向け行動を促すことで、地域の人々に持続可能な地域の発展に向けた協働への意欲を高めてもらいます。そして、地域の人々に住み良いまちづくりの担い手として自ら行動に移してもらうために、行政及び関係諸団体と共に地域の魅力とSDGsがより身近なものに感じられる事業を実施する事で、地域の人々に課題解決に向けたまちづくりへの関心を高めてもらいます。さらに、地域の人々が身近な自然環境の保全に取り組んでいくために、活動エリアにある地域資源を活かした環境体験事業を実施し、環境に関わる知識について学ぶことで、地域の人々が豊かな自然を実感するとともに、自然環境との共生に理解を深めてもらいます。また、地域の人々に活動エリアに存在する地域資源の魅力に共感を得てもらうために、地域資源を効果的に活用し魅力を幅広く発信する事業を実施することで、地域の人々が地域資源の新たな活用方法と地域の魅力について関心をもつきっかけとしてもらいます。

我々の運動が地域の人々を巻き込み共感を得たことで地域との連携がより強固になり、地域の人々が地域課題の解決に向け能動的に取り組みます。新たな価値として創出した地域資源が人々に多彩な魅力として伝播し誰もが輝ける持続可能なまちづくりを実現します。

まちづくり委員会委員長 前田大輔